こんなお悩みを解決かたづけじょうずTOP > こんなお悩みを解決

case1イメージ

case1.親が住んでいた空き家を片づけたい

「親が住んでいた空き家の片付けや遺品の整理をする。」

ご両親を引き取ったりお亡くなりになったりしてご実家が空き家になり、住むこともないので売却や借家にするために片付けをされる方もいらっしゃるかと思います。

ご実家の場合、ご依頼なさる方にとって大事な物、思い出のある物、などなど、全てを処分することはできません。

当店では事前に必ずお客様に必要な物・残す物の確認をとっております。 作業開始後であっても「これは必要なのでは?」を思われるお品が見つかった際には、お客様に確認をとるように心がけておりますので、ご安心くださいませ。

また、ご依頼主様が広島在住ではない事もあり、なかなかお見積もりや作業時にお立会いいただく事は難しいです。
そういった時には、当店で鍵をお預かりし、お見積もり結果は電話連絡で行い、内容にご納得いただければ、決められた期間内にお部屋を空にいたします。
空き家の片付けは当店で最も得意とする分野です。
広島県内はすべて対応可能ですので安心してお任せいただければ幸いです。

case2イメージ

cas2.引越し時の不用品整理

「引っ越しをする際に不要なものを片付けて、少しでも荷物を減らしたい。」

男手があったりして、多少手間がかかっても自分ですればお安くできていいでしょう。ですが、引越し時などは不要になる物が非常に多く、また、大きくて動かすこともままならない家具とか大型家電もあります。忙しいため時間もなかなかとれませんし、どうやって処理すれば良いかわからないこともあります。
当店では、お引越し日程にあわせ、いらなくなったものを全て片付けます。

必ず事前に出張見積もりをご依頼ください。

case3イメージ

cas3.いる物といらない物の分別

「不要な物を回収方法に合わせて分別する。」

ご家族で空き家の片付けや遺品の片付けをするとき、やっかいな作業の1つが分別です。 いるものといらないものを分け、更にいらないものを処分する時は自治体の回収方法(燃える物、燃えない物、生ごみ、リサイクル対象、大型ごみ、等々)に合わせた区分に分別しなくてはなりません。
過去、ご依頼戴いた皆様からの声で多かったのがこれでした。 「いつまでかかるのか先が読めない。」「空いた時間にやっていたけど全然終わらない。」
当店では、自治体ほどの多くの区分はありませんので当店の処理手段に合わせて区分けし、まとめて一気に片付けます。 ですからお客様の分別の手間はありません。
また、タンスや食器棚の中、倉庫などもそのままで構いません。
空き家の片付けは安心して片付けのプロ「かたづけじょうず」にお任せ下さい。

 

case4イメージ

cas4.業務縮小の際陶什器・在庫整理

「店舗の片付けで少しでも売れたら嬉しい」

店舗の移転はもちろん、後継者も無く閉めるしかない時、店内にある商品や什器備品の買取、片付けをいたします。
買い取りできる物も必ずありますので高価買い取りいたします。 少しでも店じまいに係る経費を減らすことにお手伝いできれば幸いです。
広島県内はすべて対応可能です。 まずは、お電話でご相談ください。

 

広島で空き家の片付けや遺品整理についてお悩みのことがございましたらご要望に細かく沿えるよう柔軟な対応をしてまいります。