実家の片付けで役立つ情報
HOME >お役立ち情報

実家の家の片付け、売れるものは売る

実家を片付けるとき、あまりの物の多さに辟易することがあるでしょう。
「なんでこんなに未開封の下着ばっかりあるのよ。。(涙)」なんてのは、よくある話です。
私たちの親世代は、物のなかった時代を過ごされてきた方も多くいらっしゃるでしょう。
「いつか使うものだから安い時に買いだめしておこう。
まだ壊れていないから置いておこう。いただき物だから捨てるなんてできない」と、使われないまま置いてあるものが、ビックリするほどの量で保管されていたりします。
しまった時には新品でも、何十年も保管されていれば、下着なんかはシミやカビが浮き出てきてとても使えるものではありません。


でも、そんな「勿体ない精神」の両親の家には、私たちが小さいころに遊んでいたおもちゃや人形なんかも大事に大事にダンボール箱に収めてあったりするのです。

1.ひょっとしたら、それはお宝かもしれませんよ。


私たちが小さいころに遊んだ昔の特撮のソフビ人形やら、 着せ替え人形やら、超合金のおもちゃなんかも、 たくさん出てくるかもしれません。

お父様が職場でいただいた非売品の車の模型や、 古いオーディオなんかもあるかもしれません。
決して状態はよくないでしょう。というかきっと悪いでしょう。 箱はボロボロ、人形のお肌も変色、 ドレスにはシミが、パーツも取れてなくなってる。

でも遺品整理の際に、他の処分品と一緒くたに捨ててしまうのはちょっと待ってください。
え?まさかこんなものが?こんな状態でも?
と思うようなものが、ヴィンテージ品として ネットオークションやフリマサイトでは高額で売買されているかもしれません。

スマホやPCがあったら、ちょっと調べてみてはどうでしょう。
調べるだけならタダですし(笑)

2.時間があるなら、フリマサイトやネットオークションで売ってみよう

上記に書いたような品物でなくても、売れるんじゃないかな?
と思う品は、きっといくらでも出てくるはずです。

もし時間があるのなら、フリマサイトやネットオークションで売ってみましょう。

ところで、よく聞くフリマサイトとネットオークションの違いってすでに利用されている方も多いでしょうが、ここでは、まだどちやった事がない方向けにお話ししてみようと思います。
フリマサイトといえば、メルカリやラクマなどをよく聞きますね。
ネットオークションなら、やはりヤフオクが利用者が多いようですまず大きな違いは、値段の付け方の違いでしょう。

photo


















例えば、古いリカちゃんが1万円ぐらいで売れたらなぁとおもっています。

メリカリでは、売りたい値段(1万円)を自分でつけて出品します。
その値段で買いたい人がいれば、即売れます。勝負早いです。

ヤフオクでは、出品時に開始価格と開催期間を決め、期間終了までじっと待ちます。

その期間中に、買いたいと思う人が現れたなら「この値段までなら買う」と値段を付けます。

買いたい人が一人だけしか現れなければ、開始価格で終了です。

(開始価格を1万円にしていた場合は、1万円で終了)

でも、どうしても買いたいと思う人が2人以上いれば、値段はどんどんせりあがってきます。ヴィンテージ品など、今はもう入手できない品物の場合は、ビックリするような値段まで上がっていくことがあります。
(ちなみに写真のリカちゃんは、ヤフオクで入札が40件近くあり6万円を超えました)

どちらにも長所があり、短所があります。

メルカリ---売りたい値段を自分でつける。
買いたい人が現れたら即終了。勝負が早い。

ヤフオク---開始価格以上で買いたい人が買いたい値段をつける。
値段が上がる可能性あり。開催期間が2日~一週間ほどで、
終わるまで待たなければならない。

ま、どちらも買いたいと思う人が現れなければ全く売れないわけすが・・(笑)

出す商品の種類によって使い分けするのがいいように思います。

ある程度値段のわかっているものはメルカリへ。
ヴィンテージ品などレアで高額になる可能性があるものはヤフオクへ。

参考までにメルカリとヤフオクのリンクを貼っておきますね。
メルカリ https://www.mercari.com/jp/
ヤフオク https://auctions.yahoo.co.jp/

まだやったことのない方は、覗いてみるだけでも楽しいですよ。

スマホ用に無料アプリがありますので、
気に入ったらアプリストアでダウンロードしてみてください。
 

3.時間がないなら、リサイクルショップへ持っていこう

さきほど読んだフリマアプリやネットオークションは、高く売ることができますが、とにかく手間がかかります。

出品商品の写真を撮って、説明文を書き、売れれば丁寧に梱包して宅配で送らなければなりません。

そんな時間はないわ~、という方はリサイクルショップへ持ちこんでみてはいかがでしょう?

リサイクルショップは持っていくだけで他に手間も時間もかからず、即現金化できますし、何より思い入れのある商品が、ゴミにならずまた誰かに使ってもたえるといううれしさがありますよね。

お父様お母様の遺品であれば、なおさらです。

ただ、お店によって取り扱い商品に違いがあったりしますし、買取できない商品もあるでしょう。

せっかく持って行ったのにダメだった、
なんて無駄足にならないためには、
持込する前に電話なりメールで問い合わせするのが確実でしょう。

おおざっぱに申し上げますと、当店では大体こんな感じです。
ご参考までに。

(外観状態が悪くなく、電化製品については動作に異常のないことが条件です。)

・家具→その時の店内空きスペースによります。
 大体製造から5年ぐらいまで状態よくても10年未満。
・家電→基本的に製造から5年以内。
 状態よければ多少過ぎていても可能。
(ただし、空気清浄機や加湿器は難しい)
・ギフト→未使用箱入りであれば買取
・ブランド品、自転車、雑貨、工具、楽器
・店頭では買取不可のもの 衣類(洋服、着物)、
 節句人形、学習机、パイプベッド


4.まとめ

さきほど読んだフリマアプリやネットオークションは、高く売ることができますが、とにかく手間がかかります。
自分に必要ないからとゴミとして処分してしまう前に、金銭的な負担を軽くするために、またエコの観点からも「勿体ない精神」で使ってくれる人を見つける方法を考えてみてください。

それでも、遠方だし仕事もあるし、体力ないし手間も時間もかけれないよ。。という方は、買取も処分も一発でできる遺品整理業者を利用するという方法もありますので、ご安心を。

 

お問い合わせはコチラ

icon 電話番号0120-845-355
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る